宝くじとFXはどっちがお得? リスクとリターンで考えてみよう!


2015年ももう終わりですね。この時期には、宝くじのCMがよく目に入ってきますよね。もしかしたら、「毎年100枚、3万円買うんだよね!」なんて人もいるかもしれません。「リスクを取ってリターンを得にいっている」という意味では、宝くじもFXも同じです。そこで、どちらのほうがが割のいい勝負なのか、少々考えてみました。

還元率で考える宝くじとFX

実は、宝くじの還元率は「45.7%」なんです。例えば、宝くじが1000万円売れたとしたら、457万円が賞金として還元される。そんなかんじのイメージです。

一方、FXでは、サイコロを振って適当にポジションを取って数日後に決済をすれば、利益が出ている可能性はほぼ50%の確率。つまり、ゼロサムゲームであるFXは、還元率で言うと「100%」なんです。(スプレッドやスワップやら、細かい話は置いておいてくださいね!)

これだけでも一目瞭然、FXのほうが圧倒的に割のいい勝負なんです。世間では宝くじとFXと言うと、「宝くじのほうがいい!」っていうイメージがある気がしますが、そんなのあり得ない話ですよね。

宝くじで4等5万円が当たる確率

さらに具体的に、宝くじで現実的に当たる可能性がありそうな、4等の5万円で考えてみましょう。これは下4桁がそろわないといけないので、10の4乗、1万分の1の当せん確率です。確率で言うと0.01%ですね。100枚(3万円分)買ったとして、1枚も4等が当たらない確率は約99%です。

ちなみに、100枚買えば5等の3000円は1枚、6等の300円は10枚、それぞれほぼ確実に当たります。この6000円分を加味すると、1%くらいの確率で5万6000円当たって、2万6000円の利益というところなんですね。

ざっくり言ってしまえば、1%の確率で約2倍になるかんじです。これってリスクリワードでいったら1.0になるわけですが、FXだったらそのくらいのチャンスはいくらでもありますよね? リスクリワード1.0のポジションで勝率1%を超えられる人であれば、FXのほうが割のいい勝負ができるわけです。

2016年はFXで夢のあるポジションを狙っちゃおう!

もちろん、宝くじには300円が何億円になるかもしれないという夢が一応あります。でも、さすがにそこまでは届きませんが、工夫次第ではFXでもかなり夢のあるポジションを作ることができますよね! 偶然にも、ちょうど今はアメリカが利上げを始めたという節目の状況。大きなトレンドが転換するポイントでうまくポジションを取ることができたら…。

今年のどこかのタイミングで、宝くじを買うつもりでFXで夢のあるポジションを狙ってみる。これはなかなかおもしろそうな気がします。(執筆者:貝田 凡太)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!