そろそろ一旦の値頃感? 120円を割り込みそうなドル円


初心者を諌める言葉として、「値頃感でポジションを取るな」と言うものがあります。しかし、値頃感で取らなければ一体何で取るというのでしょうか?値頃にも感じられないものを売り買いすることほど愚かなことはないでしょう。

クリスマス相場の閑散ムードとポジション手仕舞いの動きでドル円は気づけば120円を割り込みそうな勢いとなっています。長期的には売り目線で問題ないと思いますが、さすがに6日連続陰線は「やり過ぎ」の一言で形容できるのではないでしょうか。

筆者が調べたところ、最後に6日連続で陰線をつけたのは、2015年の4月半ば以来でした。この時は120円から118円まで落ちたのち、再び120円へと最終的には浮上しています。

つまり高値圏からの反落ではあるものの、明らかに売られすぎということです。まさか筆者も株高のなか120.8を割り込むとは思わなかったので、さすがにこれは危険だと前回お伝えした120.8を23日に120.7でカットしたあと、今朝120.15で再びロングを再構築しています。

週明けの28日にこのポジションがどう転ぶかは謎ですが(そもそも動きがあるのかも謎ですが)、ひとまずそろそろ一旦の陽線を期待しては良いのでは…と考えています。 (執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓