今年のトレードを振り返ろうその(1)  「あなたとトレード履歴の濃密な関係」


1年間のトレードを振り返る時期がやってきました。エクセルやスマホアプリ、場帖などで記録を付けている方はぜひ、チャートとニュースを隣に置いて、今年のトレードを振り返ってみましょう。

もしかしてもしかして、記録や日誌を付けていないという人は?!

でしたら、使っていたFX業者の取引履歴をダウンロードして、使いやすいように印刷して見てみましょう。そのデータをエクセルなどに入れたほうが見やすいなら、そちらです。

それで、その時々の自分の感情やエントリーの根拠や反省などを思い出して、書き込んでみると楽しいですよ。いえ、苦痛だという人も居るかもしれませんね(笑)

ただ記録する習慣はすごく大事です。いま億単位になっている、ある方は、初心者のときの大負けを全部CSVファイルに出力して、必死で見直したそうです。その後は、あのユーロ/スイス介入スタート時から撤廃時まで、スイスフランで大勝利を上げています

逆にまったく付けていない人にも出会いました。FX歴5年とおっしゃっていましたが、「どうしたら勝てるんですか?」とずっと悩んでいます。もしやと思い「トレード日誌は付けておられますか?」とたずねると、付けてないとのお答え。

毎日ちょっとの手間の違いで、これだけ差が出るのです。もちろん、付けていても勝てないときはあります。ただしそんなときこそが「勝てるヒント」満載のトレード日誌が作られていく時間なのです。なぜならそこには「負けた原因」がぎっしり詰まっているから。

自分自身と正面から向き合うのが苦手な人は多いですね。

自分が無残に負けた証拠を叩きつけられるのは、嫌なものでしょう。プライドもあります。しかし、たったそれだけの理由で今お話した「宝の山」を見過ごしてしまうのは、いかにも勿体ないと思えませんか?

私も最初は抵抗感がありましたが、えいっと勢いを付けて見るようにしました。

見直しで改善したあと、より勝てるようになるとその後は、見直しをするのが楽しくなってくるのです。これは不思議ですがたいへん面白い現象で、味わったことのない方はぜひぜひ味わっていただきたいものです。

そうしてトレード履歴が増えていくにしたがって、あなたのためだけの濃密な宝の山が出来上がっていくのです。

nissi
(画像は、あまり参考になりませんが私の日誌の一部です。エクセルで業者別に記録しています。日付などはコマンドキーですぐ入るので楽です)(執筆者:鈴木 マリア)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓