今年最後のビッグイベンFOMCを控えて 今後の市場の方向性は?


昨日は、ようやくこれまで続いたFOMC前の利食い売りが収まったという事で買戻しが強くなっています。

欧州時間に120.580まで下押す場面がありましたが、だんだんと下値を切り上げていくという状況になりました。

NY市場に入ってからはアメリカ指標のCPIなどの数字が軒並み良かったことをきっかけに更に買いが強まる結果となりました。

そしてこのところ乱高下が続いていたWTI原油価格も大幅に買い上げられるというところ、そしてダウ平均も一時250ドルを超える上昇となる等々ドル円も更に上値を試す結果となっています。夜中にはロンドンフィキシングのまとまった買いも出たようで121.800まで高値を更新しています。

目先ドル円は、今夜のFOMCを控えてのポジション調整をほぼ終えてしまったイメージが強くこれから今夜にかけて大きく売り買いすることはなさそうです。そうなると市場の流動性が落ちてくるのでちょっとしたニュース等でも大きく反応しやすいのでその点は注意したい所です。

そして今晩のFOMCですが、アメリカが約10年ぶりに金利を上げる! という事で、金利差拡大のドル買いにつながるのか? それとも材料出尽くしでドル売りになり、尚且つ次回の利上げはかなり先になりそう……という思惑から更にドル売りになるのか?

同じ利上げという事をとらえても、マーケット参加者のそれぞれのイメージが違ってくるので、利上げ=ドル買いの一辺倒にはならないでしょう。そういった思惑からFOMCを終えてから参戦しようとする参加者が多いため昨日のうちにポジションをスクエアにしているようにも思えます。

ここ最近のファンド系のポジション調整は、今年の夏に見られたようなオイルマネーの売りが再び観測されてきたことから市場心理が冷やされたという一面と、信頼していたドラギ総裁にまさかの裏切りにあったショックといったモチベーションの低下があるのでは?

今年最後のビッグイベントを不安定な年末相場の中で迎えるにあたって、少しでもポジションを軽くしておきたい心理と、常に下値付近で待ち構えている本邦実需勢やGPIFの買いが交錯している様に思えます。

そういった観点からFOMCの結果がどうあれ、市場の方向性が大きく変わっていくことにはなりずらいだろうと考えています。

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓