FX取引は、テクニカルが先か?トレンドが先か?


僕自身の経験ですが、かつてテクニカル分析にハマっていたときがありました。絶対的に有効な、いわゆる聖杯を追い求めて、「このテクニカルとこのテクニカルを組み合わせて、このパラメータで……」とやっていたわけです。

ちなみに、FXを始めたばかりのころは、僕はファンダメンタルズ中心のトレードをやっていました。経済学部だったこともあって、そのあたりの知識に多少なりとも自信があったからです。ですが、このやり方はやがて行き詰るようになってきました。テクニカルに走ったのは、その反動だったのかもしれません。

テクニカルの迷宮はそれはそれは奥が深い世界で、同じところをグルグルと回っているような感覚におそわれました。ある時期はうまくいっても、どうしてもこの時期はうまくいかないといったことの繰り返し。結局、僕は絶対的な聖杯というものを追い求めるのはあきらめることになります。

しかし、この経験を通じて「テクニカルってどういうものなのか」ということについて、自分なりの考えが固まってきました。例えば、トレンド系のテクニカルについて、少し考えてみましょう。

大きな上昇トレンドが発生したときには、おそらく多くの場合、移動平均線で見たらゴールデンクロスが、MACDでもゴールデンクロス、一目均衡表では三役好転が起こっているはずです。逆を考えてみるとどうでしょうか。サインが出たからと言って、必ず大きな上昇トレンドが出るとは限りませんよね。

つまり、テクニカルのサインが出たからトレンドが発生するのではなくて、トレンドが発生したからサインが出ているんだ、ということなんです。

じゃあ、テクニカル分析なんてまったく意味がないんでしょうか?

僕はそうは思っていません。相場を決めるのは上か、下か(買う人が多いか売る人が多いか)というベクトルがいつ発生するか。この発生タイミングを計るツールとして、テクニカルは有効だと思っています。

なぜなら、多くの人がテクニカルを参考にして取引をしているからです。全体的に大きな流れがあるときに、多くの人はその流れに乗った取引をします。

じゃあ、エントリータイミングは?

目をつぶって、エイヤッとエントリーする人もいるかもしれません。でも、たいていは何らかのテクニカルを参考にしてエントリーするはずです。多くの人がエントリーするタイミングを探るうえで、テクニカルというのはやっぱり重要なんです。

ただし、大きな流れが分かっていないと、どんなに優れたツールでも宝の持ち腐れ。それを把握するために、ファンダメンタルズ分析などを通じてトレーダーたちの思惑を感じながら、それをベースにしてテクニカル分析によってタイミングを計る。

これらがうまく融合したときに、勝つにしろ負けるにしろ、納得できるきれいなトレードができるようになると、僕は思っています。(執筆者:貝田 凡太)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓