週明けは誰でも儲かる! 問題は17日明け方の利上げだ!


金曜日はついに120円台へと暴落したドル円ですが、月曜日は力強く121円台へと逆戻りしました。ふだん「株先物の動きでドル円は分かる」と再三お伝えしているだけに、月曜日は全力買いで大きく儲けた方も多いのではないでしょうか。

しかし、週明けに関しては株の動きとは関係なく、一定の法則が存在します。それは一言でいえば、「参加者が冷静になる」という点です。金曜日の明け方を暴落で引ければ、月曜日は上がり、逆に暴騰すれば週明けは下がり……といった具合です。ですから今回の場合、もし金曜日の下げを獲れずとも、週明け朝一で買いに回るだけで、ラクに儲かるというわけです。

さて今後のドル円ですが、11月17日(木)の朝4時半(日本時間)にイエレンFRB議長の証言が待ち構えています。利上げはまず間違いなく行われると思いますが、問題はドル円が直後にどのような反応をみせるかです。直近のユーロドルの動きを思い返してみれば分かりますが、単純に利上げ・利下げが行われたからといって、教科書通りそれに準じた動きを見せるわけではないのが為替の恐ろしいところです。

誰もが「利上げで買い」と思っているということは、すでに織り込み済みとなってしまっている可能性も高く、かといって証言にアルゴリズムが反応して、短期的に暴騰を演じる可能性もないわけではなく……。中・長期的には下目線で問題ないと思いますが、この日に限っては、無理にリスクを採らず、ポジションを決済、もしくはストップ・リミットの幅を大きめに確保しておくのがいいかも知れません。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓