宮本武蔵「五輪書」に真剣勝負 FXのメンタル術を学ぶ「なま兵法は?」


メンタル管理というと、何か超人的な精神を身に付けなくてはならないと考えがちです。FXだと「ゾーン」という本を読んでみたりしますね。

しかし、達人FXトレーダーはみんな、すごく自然体です。負けた時は負けたと言って悲しそうにしています。このように素直に、ありのままの感情を認めることは大切なようです。ところが、プライドや親の教育などが素直に感じるのを邪魔します。これはFXトレードだけでなく、どんな分野でも問題です。

されここに、自然体の勝負の達人、宮本武蔵が兵法を説いた本があります。私は心理学が専攻でして、この「五輪書」(ごりんのしょ、岩波文庫)をヒントにFXのメンタルを考えてみたいと思いつきました。

たとえば、本の最初に「なま兵法大疵のもと」(なまへいほうおおきずのもと)とあります。中途半端な知識や訓練だけで勝負に挑めば、大けがをしますよと言っています。「そんな事誰でも分ってるよ!」と思うでしょう?

でも、FXをはじめた頃、インターネットであれもこれもと次々とうわべだけの情報を集めてちょっと試しては負けていませんでしたか?

私はそうでした(笑)。言葉で分るのと実際に出来ているのとは、大きな違いがあるものですね。(執筆者:鈴木マリア)