足してダメなら引いてみる~FXトレードにおける引き算の美学~その3


その後、テクニカル分析も決して万能なものではなく、状況に合わせて使い分けることの大切さを知り、また基本はやはり価格の値動きであることも感じて、トレンド系の指標、オシレーター系の指標それぞれひとつずつくらいでちょうどいいと思うようになりました。

売り買いの矛盾するサインが頻繁に現れるという状況も、結局は必要以上に分析ツールを表示させていたことから起こったものだったのです。

今にして思うと、当時の私は、トレードに「確実性」を求めていました。そして、テクニカル分析ツールの数を増やせばその分だけ、数パーセントずつでも確実性が上昇していき、最終的にはほぼ100パーセント勝てるような状態になれるのではないかと考えていたのです。

しかし、実際そう甘くはありませんでした

例えば、優れたアドバイザーを複数人雇ったとして、各人が常にいがみ合い、いつもそれぞれ真逆とも思えるアドバイスをされると考えてみてください。果たして、そのような状況で、ストレスなく適切な判断を行えるでしょうか。

10人の意見を同時に聞くことができたという、かの聖徳太子なら可能かもしれませんが、私にはかなりの難題に思えました。

そこで思い切って、テクニカル分析ツールの数を最小限に減らすことから再スタートを切りました。

はじめは、アドバイザーの数が減ったようで不安も感じましたが、実際に行ってみると、相場から矛盾したメッセージを受け取っていると感じる状況が減り、よりシンプルに価格の動きをとらえる感覚を得られるようになったのです。

やる気と希望に満ち溢れたトレーダーの卵たちは、みな熱心にテクニカルやファンダメンタル分析について知識を得ようと努力を惜しみません。

特に、実社会で成功してきた方や、勉強が得意な方の場合にこの傾向が強いと聞いたことがあります。

一般社会では、カリスマ性や人間的魅力によって周囲の人々に影響を与え、環境を自分の思うように変化させることで結果として成功へと近づくことができます。

その成功体験があることから、マーケットでも同じようなやり方で成功できると信じてやみません。

しかし、マーケットでは、個人が価格の値動きに影響を与えることはほぼ不可能で、素直にマーケットの動向や相場環境に従う以外に個人トレーダーが成功する道はほぼ皆無と言ってよいでしょう。

にもかかわらず、

「これだけきっちりと分析をしたんだから自分は間違っていない。不規則な値動きをするマーケットの方がおかしいんだ。」

などと原因を外に求めてしまうと、徐々に値動きを見る目が曇り、また、イライラが募れば、リベンジトレードのような感情的な売買を繰り返してしまうことにもなりかねません。そして、やがては資金が底をつき、マーケットから退場してしまうという定番ルートに乗ってしまう可能性が高くなるのです。(その4につづく)。(執筆者:高橋 浩司)

その4はこちらから
その1はこちらから