ストップロスの誘発を察知して相場で勝つ方法


これまで色々なFXでの「勝ち方」を伝授してきましたが、今回はストップロスを意識した攻め方を実例で紹介したいと思います。

これまでにも何度か、ストップロスをきっかけに上がる/下がるという話をしてきたかと思いますが、具体的には実際にどのような形で誘発されるのでしょうか。

まず、ストップロスとは平たく言えば、損切ポイント=「ストップ」で確定される「ロス」のことです。したがって、ストップロスを誘発するとは、大量にみんなの損切ポイントが置いてある場所が仕掛けで突破されるという状況のことを呼びます。

基本的に.50や.00に置いてあるイメージを持っていただいて構わないのですが、実際には.40半ばくらいだったりします(自分でストップを決める時のことを考えてみれば分かるかと思いますが、.50や.00で刈り取られたらイヤですから、微妙にズラしたりしますよね?)。

では、どうやってそのポイントを探るのか。参考になるのが、以前にも紹介したことのあるOANDAの「オープンオーダーとポジション(通称:オーダーグラフ)」というページです

オープンオーダーとポジション(通称:オーダーグラフ)
http://www.oanda.jp/analysis/forex-order-book.php

今回は実際に12月9日の22時前後にストップロスが誘発されたときのビフォア・アフターの画像を用いたいと思います。

001

≪1つ目の画像 ビフォア≫

002

≪2つ目の画像 アフター≫

1つ目の画像では右のグラフ(参加者の保有ポジション)を見ると、.38の時点ではまだまだ、含み損を抱えたロング保有者(青いグラフ)が大量にいることが分かります。しかしその後、.30に近づいたあたりからドル円は一瞬で.00まで暴落しました。その直後の画像が2つ目の画像です。

121.97の時点では、あれだけいた含み損を抱えたロング保有者の数が一気に減っています。彼らはどうなったのでしょうか。そうです、見事に刈られてしまったのです。

このように、相場の方向性が掴めているときには(例えば12月9日であれば、ドル売りとダウ先物の下げからドル円は下がりそうだと検討がつく)、OANDAのオーダーグラフを見てみましょう。大量に含み損を抱えたユーザーがいて、なおかつ彼らのポジションと市場が逆行すると分かったならば、大きな儲けのチャンスですよ

ちなみに筆者は、このグラフを目にしていたおかげで、いささかも動じることなく、ショートポジションを作ることが出来ました。(執筆者:大島 正宏)