足してダメなら引いてみる~FXトレードにおける引き算の美学~その4


結局のところ、過剰なテクニカル分析ツールを画面に表示させていたころの私は、マーケットと対峙し打ち負かそうという気でいたのかもしれません。そのためには、できるだけたくさんの武器がいると考えていたのです。

しかし、過剰に武装した結果、動きは徐々に鈍重になり、最終的にはまったく身動きがとれなくなってしまいました。

確かに、マーケットは生き馬の目を抜く戦場には違いありません。ですが、海戦山千の猛者相手に、そんな動きの遅いボンクラトレーダーが勝てる道理も無いのです。

スナイパーは、ライフル一つの扱いに精通すれば戦場でも生きていくことができます。
扱い慣れない重火器はかえって命を危険にさらします。

テクニカルの過剰な武装を解除した私は、その時々の戦況、つまりマーケットの状況を肌で感じるということの重要さに遅ればせながら少しずつ意識を向けるようになりました(他に頼れる武器もないのですから必死に値動きを観察するくらいしかできることがなかったというだけのことですが)。

そして、相応の授業料を支払った結果、マーケットと対峙し力でねじ伏せようとすることの無謀さも理解し、相場の流れに乗ることの大切さも痛感することとなりました。

勝つためには、もちろん分析は大事です。それなしでは、トレードは全くのギャンブルと変わらなくなってしまいますし、自らのトレードに優位性を見出すことも難しくなります。

ただし、一見完璧に思える分析結果が簡単に覆されることもあるのが相場だということを知り、謙虚な姿勢で相場と向き合うことが、生き残るうえで大切な心構えのひとつなのではないでしょうか。

もちろん、今でも毎回自分なりに優位性を検証した戦略を持ってマーケットと向き合っています。ですが、例えあるトレードで自分の戦略が機能しなかったとしても、一喜一憂することがないよう心がけています。

ひとつの勝ちトレード、ひとつの負けトレードも、自分なりのルールに従って生み出されたものである限り、等しく正しいトレードといえます。

「負けトレードでも正しく執行したのだからok」

そのくらいのおおらかさで日々のチャートと向き合っていると、ストレスなくトレードを続けることができるようになります。

「勉強したことは何でもチャートに反映させたい!」

確かに、それも人情でしょう。
私も経験者ですからその気持ちは嫌というほどよく分かります。

しかし、お伝えしたように、マーケットという戦場において、過剰すぎる武装は時に自分の動きを制限してしまいかねません。ひどい場合には、かつての私がそうであったように全く行動を起こせなくなることもあります。

・判断材料が多すぎていったい何が正解かわからない。

もし、今、そんなふうに感じているのなら、ためしに一度テクニカルインディケーターを画面からすべて消し去ってみてください。シンプルな裸のチャートで価格の値動きを追ってみることで、きっと見えてくるものがあるはずです。

足してダメなら引いてみる。そんな引き算の美学は、トレードの世界にもしっかりと生きています。(了)(執筆者:高橋 浩司)

その1はこちらから