娯楽じゃないのよトレードは~指標トレードはお好き?~その2


第一話はこちら

話を私が指標トレードに挑んでいた頃に戻します。

前回の記事を読んで下さった方ならばおそらく予想されたであろうとおり、はじめこそうまく利益をあげることができた私の指標トレードも、その後は、エントリーした直後に逆行したり、ならばとドテンをしかけて往復ビンタを食らったりと全くさんざんな結果に終わりました。

結局20回ほどトライして、指標トレードはすっぱりとあきらめることにしました。

今振り返って、私なりに当時行っていた指標トレードの問題点を考えてみます。

まず、最大の問題点は、トレードに必要な規律が皆無だったということです。なんとなく値動きについていくだけですから、リスクリワード比やポジションサイジングもいい加減なものでした。

感情的にもブレまくりで、価格が動くたびにまるでジェットコースターに乗っているかのように激しく揺れ動いていました。またスリッページによるコストもかさみ、ストレスフルでとても安定した気持ちでトレードをすることができませんでした。

トレードに刺激を求めるのであれば、指標発表直後ほど興奮できる場面もないでしょう。

ですが、プロのトレーダーにとっては、トレードは娯楽ではなくビジネスです。しかも、他のどんな業界よりも競争の激しい分野だともいわれます。そこはまさに戦場です。

その戦場で勝ち抜くためのカギは、冷静な判断力と決してぶれることのない一貫性、つまり「規律」だということになります。規律なくしては、どれだけ優位性のある手法であっても宝の持ち腐れと言わざるをえません。

そして、規律の維持のためには、ありとあらゆることを試みる価値があります。その意味で、できるだけ感情的になる可能性のある局面は避けるというのも立派な戦略です。

マーケットは様々な通貨ペア、時間足で絶えずチャンスを提供してくれます。たとえ指標発表直後をやり過ごしたとしても、トレードチャンスに事欠くということはありません。

それでも、一気に大きな値幅を狙える指標トレードに魅力を感じ挑戦してみたいと思われるのならば、指標トレードが情報戦の側面を持つことも知っておいてください。

通常、私たちが経済ニュースを知るまでにはタイムラグがあります。インターネットによって、かなりタイムリーな情報を得られるようになったとはいえ、それでも、ニュースソースが発信元に届き、それを文字に書き起こしてホームページにアップするという手間がある以上どうしても大手機関投資家などに後れをとってしまいます。

前述のとおり、指標トレードでは、ファンダメンタル分析やテクニカル分析が機能しにくい以上、短期的な価格の値動きに直接影響力を与え得る情報をいかに素早く入手するかがひとつのカギになります。

それゆえ、ニューストレードを専門に行っているトレーダーは、高額な情報サービスを利用して最新の情報を入手しており、無料で手に入るような情報では、とても彼らに太刀打ちできません。限られた情報をもとにポジションをとってみても、せいぜい彼らの策略にはまりカモにされてしまうのがオチでしょう。

指標トレードは、短期間で大きく稼げるという魅力によってあらゆる種類のトレーダーを惹きつけます。しかし、そこは生き馬の目を抜く猛者たちがうごめく最激戦区だということを肝に銘じておく必要があります。(執筆者:高橋 浩司)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓