利上げ後のドル円はどうなる? 興味深いデータをご紹介


フランステロで株価がキツい下げを起こした割には122円台アンダーで底堅い動きを続けているドル円ですが、やはり利上げムードが市場に蔓延しているということでしょう。

対ユーロでは6ヶ月ぶりの高値をつけた円ですが、あくまでもユーロドルにおけるドル買いユーロ売りがメインであるため、ドルも円も買われたドル円としては微風にとどまったのも一因です。

しかし、利上げムードはいざ実際に利上げがなされた後、一体どのように形を変えるのでしょうか?

非常に興味深いデータとして、90年以降アメリカで利上げが行われたことは3度ありますが、その3度とも利上げが実施されると、それまで買いこまれていたドル円は下げに転じたという事実があります

平均して100円前後のドル円は、20週後には90円まで落ちているのです。とくに1999年6月に行われた時などは、10週間たらずで85円近くにまで下落しています。

「噂で買って事実で売れ」という市場の格言が見事に実証された形となっていますが、利上げが実際に実施されると、材料切れということで利確に走るムードが大きいのだと思われます。さて翻って今回のドル円は現在122円後半と、これまでの比ではありません。上昇余地がないと言われているなか一体どうなるのか、利上げ開始後の年明けに向けてひとまず要注目です。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓