マクロ系ファンドの動きはかしこく利用しよう


デイトレーダーにとって一番厄介な存在がファンドの存在です。規模によってはそれまでの流れを一気に変えてしまうため、こういったファンドに「はめ込まれた」が最後、割り切って戦略を立て直すしかありません。

そして、こういった大口プレイヤーのなかでもマクロ系ファンドという名前には特に注意する必要があります。マクロ系(ファンダメンタルズに基づいたマクロな視点で買い/売りを仕掛けてくる)という理性のありそうな名称とは全く異なる、えげつないまでの一方通行相場をしばしば形成してきます。

したがって、証券会社やFXサイトのニュース欄で、「マクロ系ファンドの買い/売り」という言葉を見かけたら、しばらくその相場が続くと思ってください。大抵は他のプレイヤーのストップロスを誘発してきます。

選択肢は2つです。一旦引くか、尻馬に乗っかるかです。余力のないときは、決して中途半端なところで逆張りしようと思わないことです。

「ここまでやりたい放題できるならば、彼らは市場では無敵なのでは?」と思ってしまいますが、そうも行かないのがFXの面白いところです。

彼らが買い上がったり、売り下がったりしている最中は、無敵とも思えるほどに強力なのですが、彼らの資金も所詮は有限であり、時間がたち、いざ相場がポジションと逆行しだすと、彼らもどこかで大きくポジションを吐き出す羽目になります。もちろん、そうなったときのストップロスも凄まじいものがあります。

したがって、こういったファンドは、彼らの作る巨大な波に乗ることを前提に、うまく利用することが肝心というわけです。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓