日経平均400円落ちでも動かないドル円 意味するところは?


月曜日の日経平均は400円の落下を見せたのにもかかわらず、ドル円は120.5円前後から大きく動くことはありませんでした。

いくら120円が節目となっているとはいえ、最近の傾向を踏まえれば、これだけ株が低調となれば、為替もつられて下げるのが常で、120円を下抜けし、ストップロスをつけて大きく下げる場面があってもおかしくありませんでした。しかし、結果は120円にタッチしようとする場面すら見せず、やたらと下値の固さが目につきました

ここからは2つの戦略を立てることができます。

1つ目は、FRBの利上げを睨んだ強固な買いざさえがドル円の下値を支えていること

いくら世界経済の停滞で日本と諸外国の利回り格差が縮小し、円キャリー取引が落ち着きを見せているとはいえ、年内もしくは年明けにあるとされている米国金利の利上げによって、再び円キャリー取引が強く意識されることは間違いありません。

こういった動きを見越した買いがすでにドル円に入り始めている可能性はあります。こちらの場合、年内までドル円は相当強くなることが予想されます。

2つ目は、これをイレギュラーなものと見る戦略です。

いくら株と為替の動きがリンクしているとはいえ、24時間常に同じ動きを見せ続けているわけではありません。先日の日銀会合後にも現れた年金系ファンドのようなプレイヤーが、たまたま例外的に買い上げていただけの可能性もあります。こういった場合は、セオリーどおり売り込んでおけば、NY時間に突入してもダウが下げ続けているようであれば、自然と勝手に下がっていくので、積極的にチャンスとみて売り込むべきです(ただし今回の場合はダウが上げているので厄介なのですが…)。

このように、プレイヤー全体の目線が上向きなのか、それともイレギュラーな存在が買い支えていたのかを、日本時間だけで見極めるのは、なかなか困難です。事後的に分かる場合がほとんどで、ひとまず我々が出来ることといえば、証券会社に情報提供しているディーラーの声をつぶさに拾っておくことくらいでしょうか。

彼らは我々一般トレーダーと違って、株のように板が見えていることと、仲間同士で連絡を取り合っているので、どういう系統のプレイヤーが売買をしているかということについて、かなり詳しいです。彼らの情報をもとに、大口プレイヤーがどう考えているかを見極める、戦略を立ててみるのも面白いですよ。これについては、また詳しく記したいと思います。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓