立て続けに出た最悪の指標! FOMCで利上げはどうなる?


月曜日に発表されたアメリカの経済指標は惨憺たる内容となりました。新規住宅販売は、前月比でー11.5%という酷すぎる数字を示現、もともと振れ幅が大きい指数とはいえ、消費者の景気に対するマインドがまだまだ良くないことを改めて裏付けることとなりました。

また、ダラス製造業指数もー12.7と、前回のー6からさらに悪化しており、先週末のミシガンが「例外」であった可能性が高まってきました。

各連銀総裁達のコメントに沿って、年内に利上げが行われるという前提で動いてきた市場も、ここまで連日期待はずれの数値ばかりを見せられている今、「果たして本当にできるのか?」という思いが鎌首をもたげているのは間違いないでしょう。

常識的に考えれば、様子を見て来年3月以降が妥当にも思えますが、あそこまで前回のFOMC前後で「年内」を強調したからには、どれだけ遅くても3月に行われるはずです。

以前お伝えした、アメリカ経済ピークアウト説が本格的に顕わとなってしまう前に、「利下げ」も出来るよう、FRBとしては出来る限り選択肢を広げておきたいところでしょう。

さて、今月27-28はFOMCが再び始まります。

景気の見通しがよくない指標が連発しているなか、自らが発した「年内利上げ」をどのような形で軟着陸させるのか、見ものと言えます。

鍵は、

1.経済停滞を認めるか
2.利上げの時期を明言するか

でしょう。

経済停滞を認め、時期を白紙にすれば、ドル円にとっては大きな下げが待っていることは想像に難くありません。

その一方で、時期をはっきりと命じせずとも、経済停滞を中国の失速のせいにし、一時的なものとあくまでも主張するような発言に終始した場合は、ドル円への影響は限定的でしょう。いずれにせよ、前回のFOMCとは打って変わって、かなり要注意です。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓