簡単!値動きがないときの儲け方


ボラティリティが低く、値動きがほとんどないような時こそ、ストップロスを誘発した時の破壊力は凄まじいものがあります。今日は値動きがないからこそ使えるテクニックを紹介したいと思います。

OANDAなどでポジション比率を確認してもらえれば分かると思いますが、ボラティリティの多寡とポジションの収斂度合いは比例します。

つまり、値動きがなければないほど、レンジの上下にベッタリとポジションが張り付きます。したがって、このレンジをどちらかに一度ブレイクすると、大量に張り付いたポジションが一気にストップロスを誘発するというわけです。

大体レンジは.50や.00の節目で設定されていることが多いので、これを逆手にとって、下がりそうな時であれば、.39や.89、上がりそうなときは.59や.09などでリミットを設定しておくという方策です。

分かりやすく今の数値で言えば、下がると思うなら、119円に大量のストップロスがあると判断し、118.89にリミットを入れておくか、上がると思うなら、119.5のストップロス狙いで119.59あたりにリミットを設定しておくといった具合です。

また、自分自身のストップも50pps圏内に設定しておけば、リターンは60pps、例え逆行されても損失は50ppsで済むので比較的ローリスクで儲けることができますよ。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓