ミシガン景況指数は良かったが…先行きは暗いアメリカ経済とドル円


直近の冴えない指標からすると、ミシガン大学消費者信頼感指数は92.1と、市場の予想の89.0を上回り、7月以来の高数値となりました。しかし、ドル円は全く反応せず、119.10-30の狭いレンジを上下しています。

そもそもドル円は前回お伝えしたように、118.5の下限レンジを一気にブレイクすると、ストップロスを巻き込み、118円まで大きく値を下げたという経緯があります。幸か不幸か、その後118円は鉄壁のガードで守られ、今度はショートカバーを次々と誘発し、119円まで一気に値を上げましたが、120円をはかなり遠くなってしまった印象です。したがって、ミシガン消費者信頼感指数が高かったからといって、市場参加者も改めて買いあがる気にはなれないのかも知れません。

さて今後の見通しですが、やはり短期的には下目線でいいのではないか、とみています。さして重要指標ではありませんが、ミシガン消費者信頼感指数と同時に発表されたJOLT求人件数が予想以下の数値になってしまったこと、15日に発表されたフィラデルフィア連銀景況指数(通称:フィリー)は予想-2.0に対し、結果は-4.5、ニューヨーク連銀製造業景気指数は予想-8.0に対して、結果は-11.36と、ともに予想を大幅に下回る数値を出しています。

さらに、インフレ期待が下がっていることからも、景気の腰折れ、少なくとも中だるみがアメリカで起きていることは間違いなく、月末に行われる日銀政策会合の追加緩和スルーがあった場合、それをトリガーにしてドル円は大きく失速していくのではないか、と筆者は睨んでいます。(執筆者:大島 正宏)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

スプレッド幅、業界最狭水準ならここ↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓