トレーダーにとって手法よりも大切なこと


「FXで勝ち続けるために大切なものはなんですか?」

この質問に皆さんだったらどのように答えるでしょうか?

もちろん答えはひとつではありません。

たとえばこんな答え方をする方がいたらどうでしょう。

「FXで勝つために大事なものは何かだって? そんなもん勝てる手法に決まっているだろう。使える手法さえ手に入れてしまえばこっちのもの。あとは黙っていたって利益は増えていくはずだ。」

もしかするとこの方は、最高の手法を求めて、日夜さまざまな本や商材を購入したり、高額なセミナーなどにも参加している勉強熱心な方なのかもしれません。

もちろん、勉強熱心なのは素晴らしいことです。ただし、いわゆる「聖杯探し」の罠に陥らないように常に注意する必要があります。

誤解を恐れないで言うと、相場で機能する手法を見つけること事体はそれほど難しいことではありません。ネットで「FX 手法」と検索すれば、おそらく有効な手法はたくさん見つかるでしょう。

ですが、残念ながら常に勝ち続ける手法というものはこの世に存在しません。これは自信を持っていえることです(極端なドローダウンを許容するようなシステムなら一時的には可能かもしれませんが、それは論外として)。

トレーダーとして勝ち続けるために手法よりも大切なことがあります。それは、「どんなときも手法のルールに従う」という規律を自分の中に持てるかどうかです。

どんなときもです。特に連敗が続く時期にも淡々とルールに従って執行することができるかどうかがカギになります。なぜなら、いかなる手法であっても、必ず連敗によるドローダウンを経験する時期があるからです。そして皮肉なことに、勝てる時期というのは、しばしば大きなドローダウンの後に訪れるものです。

「冬来たりなば、春遠からじ」

厳しい時期を乗り越えたものにこそマーケットの女神は微笑むのです。(執筆者:高橋 浩司)

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

新規口座開設キャンペーン開催中!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓