秋相場予想 9月、10月相場は下がる傾向が強い


世界的株安・通貨安の中、9月にもなりそろそろ秋相場がどうなるかを皆さん考えているかと思います。通常、金融危機のような出来事が起こった時の秋相場は下がる傾向にあり、特に直近の中国問題の影響もあり今年も下がるのではないかと思っています。

9月、10月相場は下がる傾向が強い

過去にも何かしらの金融危機のような出来事が起こった際には、9月、10月の秋相場は下がっていました。例えば2008年のリーマンショックの際も8月に一旦の高値をつけ、9月、10月は下落しました。

9月のシルバーウィークも下がる予想

9月はシルバーウィークも控えており、基本的に連休前には投資家は持っているポジションを手仕舞う方が多い様です。そして一旦売られたものの、買いポジションを持つ程の材料があまり見当たらない為弱気傾向が続くと予想されます。

9月に関してはアメリカの利上げが鍵を握ってくると思いますが、9月にされなかった場合は、おそらく10月か12月のどちらかが利上げ予想として一番注目されているので、やはり秋相場は弱き相場になりそうです。それ以降の冬相場に関しては、まだ不透明な部分が多いものの、基本は年末にかけて株価などは上昇傾向になりやすいので、株価につられる形で12月以降は通貨も底上げされる可能性があると思います。(執筆者:山本 健吾)