9月4日の雇用統計を受け、予想される今後の相場


投資家にとって注目すべき雇用統計が9月4日にありました。結果としては、雇用者数は増加、失業率は予想外の低下という形になりましたね。

この雇用統計が注目される理由としては、もちろんアメリカが利上げに踏み切るかどうかの材料になる訳で、16日と17日にあるFOMCでどのような判断が下されるか注目です。今後の相場に関しては、レンジ幅で推移しながら、強気材料を探す動きになりそうです。

FOMCでの利上げの可能性は

現在の世界同時株安を踏まえると、このタイミングで利上げは無さそうですが、FRBのイエレン議長は依然として強気姿勢であり、雇用統計で失業率の低下という結果が出たこともあって、9月の利上げの可能性はまだ残っていると言えるでしょう。

ユーロや欧州通貨は下落傾向

チャートで見ると一目瞭然ですが、ユーロ/円やオーストラリアドル/円、NZ/円の日足を見ると下値を切り下げています。どこが底になるかわかりませんが、もみ合いの中でまだ下落する傾向が強いでしょう。

雇用統計は一旦乗り切ったものの、FOMCというビッグイベントを近々控えているので、ある程度利上げを織り込んだレンジ相場になりそうです。上手く安値で拾えれば、しばらく持ち続けるのもよいかもしれませんね。(執筆者:山本 健吾)