こんな時だからこそ、恐怖指数でパニック度合いを測ってみよ


これまでにも何度かVIX指数(恐怖指数)が先日のプチ・バブル崩壊では、リーマンショック以来初めてVIX指数が50を突破し、「あまりの恐怖に」30分ほど計測不能になるという事態に陥りました。

時間を同じくして、ドル円もストップロスを次々と誘発し、瞬間的に250ppも落ちたことは記憶に新しいところです。さて、このようにVIX指数は、市場の方向性を測るうえで重要な指標となってくれます。

通常、何事もなければ基本的にVIX指数は10から20を往復しています。株価が大きく下がるとどんどん20に近づいていきますが、20を恒常的に超え続けることは滅多にありません。

さて、現在のVIX指数を確認してみると、25.30となっており、50まで沸騰した日の平均と同じ値に近づいてきています。このことから、日経平均やダウがいくら何連騰しようが、上海株がいくらリバで復活しようが、まだまだ市場は恐怖を抱いている、すくなくとも恐怖の高まりは収まっていないことが分かります

つまり、まだまだイレギュラー(非常事態)に市場はあると見ていいでしょう。したがって、前回もお伝えしましたが、こんな時に安直に買い戻しをしてしまうと、痛い目に合う可能性はまだまだ非常に高いと言えます。

また、このようにしてVIX指数が注目され出すと、市場が不安定になるたび、VIX指数が購入され、値がどんどんと上がっていき、それに応じて余計に市場の恐怖が高まり余計に不安定に…という悪循環に陥る可能性も指摘されています。

つまり、恐怖が恐怖指数を生み、恐怖指数が恐怖を再生産するという構図となっているわけですが、時として、こうした核爆弾のような爆発的なエネルギーを生み出してしまう側面があるのも事実です。(執筆者:大島 正宏)