初心者こそ、どこでエントリーしても助かる今の相場に参加すべき!


日経が連日500円ペースで上昇する勢いに釣られたのか、昨夜はわずか1時間程度で121.3まで上昇するなど、相変わらず値動きの荒いドル円ですが、28日夜の執筆時点でダウ先物が150ドル近く下落するなど、まだまだ「鉄火場」は続きそうな雰囲気です。

こういう雰囲気をみると、初心者は参入しても火傷するのでは…と思ってしまいがちですが、私の見方は逆です。これだけのボラティリティを市場が供給してくれるからこそ、初心者が参加しても助かるのです。

もちろん、どこかで一旦ポジションをとって、あとはそのまま気長に放置……といった中・長期目線でのプレイヤーであれば、値動きの荒い時にエントリーする積極的なメリットがあるわではないので、参入を控えたくなるのも分かります。

しかし、一気に100-200pp稼いで目標達成したらポジションをクローズしようと考えている短期プレイヤーは別です。むしろメリットしかないので、積極的にエントリーすべきです。

分かりやすく一例を挙げましょう。今回のドル円は、124円から122円まで落ちた後、転がり落ちるように116.5まで落ちた後、119円まで復活、その後は一旦118円割れを睨み、下値ブレイクに失敗した後しばらく120円手前で揉み、今度は121円まで一気に駆け上がりました。

もうお分かりかと思いますが、今回121-117円近辺でエントリーした人は、売りだろうと買いだろうと、どちら側のポジションをとっても助かっているのです。仮に逆行されたとしても、400ppの範囲に収まっていれば即日助かったのです。

もちろん116.5からリバる過程で、117円を売ってしまった人や、今回ショートカバーを巻き込んだ上げのなか121.3を買ってしまったような、いわゆる「ジャンピングキャッチ」プレイヤーは今後同値撤退出来るでどうかは分かりません(個人的には「売り」ならどこでも助かると思っていますが)。しかし、これだけボラティリティがあるのであれば、ある程度のところで思い切って損切りし、再度エントリーしても充分取り返せるだけのチャンスが眠っています。

例えば今回、121.3を運悪く買ってしまった人でも、今日のダウの下げがキツいと踏んでドル円も連れて下がると思ったのであれば、現在の120.8で損切りし、ドテンでショート、120.3で決済すれば、プラマイゼロで助かります。

このように、普段ならば「青写真」、「夢物語」に終わり、なかなか狙えないことでも、これだけの値動きであれば、案外力技と決断の早さでどうにでもなってしまうのです。ですから、カンを養う意味でも、先日までの死んだような相場ではなく、初心者は積極的にこういうジェットコースター相場にトライにしてみるといいですよ。(執筆者:大島 正宏)


  • Blue Matini

    個人の投資意向を書くのはかまわないがこういう確証のないネタで初心者に投資を促すような内容を書いて公開していいのか?書き手の問題ではなくこれを平気で載せるサイトの運営方針が大問題!サイト運営者の見識を疑う