市場パニックはもう終わり? 第2波にご用心!


1000円上げた後に1000円下げるなど、荒れ狂った相場も水曜日に限っては、ようやく晴れ間を拝むことが出来ました。日経先物は600円超、ダウも300ドル上げと、全体的に買い戻しのムードが漂っています。しかし注意したいのは、ここで市場の安心ムードにつられ、安直に「買い」で入ってしまうことです。

中国の景気減速がきっかけとは言われていますが、どちらかというと、個人的には「理由なきミニバブルの崩壊」の側面が強いと思っています

そもそも中国の景気減速はこれまで長らく再三に渡って叫ばれ続けていたことです。

前回6月末から7月頭にかけて上海株が大幅に下がったときは、株とドル円ともども、その後あっという間に下げ分を解消してしまいましたが、私から言わせてもらえば、あれこそが異常なバブルです。何もポジティブな材料がないなか、底値を拾って最高値をトライせんとばかりに買いあがってしまう向きには、いかに投資家の買い意欲が旺盛すぎたかということを如実に表していた現象でもありました。

さて、翻って今のドル円をみると、いったんは落ち着きをみせていますが、ここで私は次の下げがもう1発来ると考えています

理由は単純で、積極的に再び買いあがるネタが利上げが取り沙汰される年末までどこにもないからです。

またバブルを形成する気でもあれば別ですが、もうそんな余力は残っていないでしょう。水曜日に発表された重要指標コア耐久受注の数値がかなり良く、日経先物が600円超上げているのにもかかわらず、120円台を回復出来ない現状は、120円を超えてまで買いあがるムードが完全に欠落していること、そして120円近辺に強烈な売りが入っていることの2つをはっきりと示しています。

このまま株が平穏無事で済むはずもないので、株が急落した暁には、再び下値のトライが始まるでしょう。直近安値の116.5が下値ピークとなるでしょうが、ここすら割ってしまうようだと、投資家の体力が消耗している間に下げが下げを呼び、本格的にダウントレンドが開始するかも知れません。値ごろ感から安直に「買い」で入ることの無きよう。こういうときに買いで入っていいのは、急落後のリバ狙いのみです。(執筆者:角野 達仁)