相場の大幅下落を受け、回復の見込みはあるのか?


連日の為替、株式市場の大幅下落を受け、投資家は今後の動向を探っていると思います。市況としては、マイナス要因が多く、プラス要因がなかなか無い状況なので、しばらくはV字回復することは難しいかと思います。

9月にアメリカの利上げされるかに注目

V字回復するための期待材料としては、アメリカの利上げが挙げられます。アメリカが利上げに踏み切ればドル高材料になり、対ドル通貨が回復する可能性があります。

しかし、現状では、世界的な金融パニック、原油価格の暴落などの要因があり利上げするのは難しいと考えられます。利上げ材料が見送られれば、直近は強気材料が見当たらないため低迷する相場になると考えられます。

資金はどこに向かっているのか

株価が投げ売りされているため通貨も全面安となっていますが、溢れた資金はどこにむかっているのでしょうか。答えとして考えられるのは、商品市場、特に金です。

もともと「安全資産の金」と言われる通り、不況の際に金が買われるケースが多く、株価と金は対極に位置していることが多いです。現状は、世界的株安なため、金を含めた商品市場にお金が流れていると推測できます。

直近に強き材料がないため、しばらくはジリジリと値段を戻しながらも様子見相場が続きそうです。もし、アメリカの利上げ、日銀によるサプライズ発表などがあれば状況が変わるでしょうが、あまり期待できなさそうです。(執筆者:山本 健吾)