中国人民銀行の切り下げは米FRBと事前に話しがついているという噂


8月は11日の突然の中国人民銀行の利下げ以来、連日中国ネタで相場が下落する展開となっていますが、実は、これは切り下げの約3週間前からFRBと中国人民銀行により米国の9月の利上げを前提とした政策協調があったのではないかという説が俄かに有力になってきているのです。

もちろん中央銀行同士が秘密裏に話をしているわけですから真偽のほどを確かめようはないのですが、確かに米国の金融当局サイドからはPBOCの一連の切り下げの動きに対してなんらけん制発言はでてきていないのが実情で、これにて一旦の米国9月利上げに備えた人民元切り下げの第一ラウンドは終了し、続きは利上げ後のタイミングに持ち越されることになりそうとの見方も広がっています。

ドル高についていかれなくなった人民元

中国人民元はペッグ制をとっておりこの間のドル高に一貫してついて人民元高を示現してきましたが、過去20年間以上に及ぶ7%超の高度成長はさすがに息切れしてきていろ、設備投資などの固定資産投資もすでに終焉の領域を迎えることとなってきています。このままGDP比50%以上の設備投資は無地で投資依存型の経済構造が既にかなり終了にさしかかっていることを示唆しているといえます。

ここ2年ぐらい続いてきた外需から内需主導の経済もなかなか難しい局面を迎えていることを示唆する状況となっているのです。実際の成長率は3%なのか4%なのか国の発表する統計だけではさっぱりわかりませんが、輸出の不振が大きくなってきていることも元の切り下げで対応せざるをえない大きな要因といえます。

FRBはまだ9月に金利引き上げの可能性を残す

今この状況で利上げをして大丈夫なのかという大きなリスクは残りますが、中国の元切り下げをFRBがすでに事前協議で織り込んでいるとすれば、まだ9月実施のカードは残されているということができます。

しかし9月は例年米国の株式が最も下がる時期ですから、そのタイミングにあわせて本当に利上げを実施するのかという疑問は引き続き残ることになります。ジャクソンホールではフィッシャー副議長を入れたパネルディスカッションも公開されるようですから、同氏の発言がどのようなニュアンスになるかも注目されることになります。

但し、先延ばししても実施チャンスはどんどん削がれていくことだけは間違いないようですから、これで9月利上げができなければ年内利上げなしという選択肢も想定しておくべき時期にさしかかってきているともいえるのです。とにかく9月のFMOCまで相場は荒れそうな気配です。(執筆者:坂本 博)