9月以降の現政権の政策は円高ファクター満載


現政権は支持率回復のために補正予算を組んで参議院選挙を睨んだ取り組みに出ようとしているようですが、この補正予算による財政出動というのは確かに市場に金をばら撒くいい機会にはなるのですが、これは実は1999年にノーベル賞を受賞したマンデルフレミングの法則からいえば円高ファクターになってしまうのです。

マンデルフレミングの法則とは?・・

この法則によれば財政赤字が拡大すると実質長期金利が上昇し、設備投資や住宅投資が減少するクラウディング・アウト効果なるものがでるとされています。

また実質長期金利が上昇すると国内への資本流入圧力が生じて自国通貨が増価し、輸出が減少して輸入が増加するためGDPが減少するのが定石となるのです。

したがって為替の変動相場制のもとで景気回復や雇用を増やすには、財政政策よりも今BOJが行っている金融政策が効果的だというのがその骨子になりますが、財政支出を増やせば結局日銀のQQEをスポイルすることになり、為替は円高に向かってしまうというわけです。

原発再稼動は原油安も伴ってこれまた円高ファクターに

桜島からたった52キロしか離れていない川内原発をまんまと再稼動してしまった現内閣ですが、これも貿易赤字の減少を加速させることになり今後原発が次々再稼動すれば最盛期には年間13兆円あった貿易赤字はすっかり解消することからまたまた円高ファクター再現となることが容易に予想されます。

日銀が主体的に行っている金融抑圧政策との整合性を一体どなたが考えているのか知りませんが、もしかするとこの調子でいけば年末円高で終わる可能性もでてきていますし、デフレもまだ決して抜け出られているわけではないことを強く実感する最近の動きです。(執筆者:坂本 博)