対円相場が動く要因とは?


対円相場(米ドル/円やユーロ/円など)は、現在アベノミクスの影響で大きく動いていますが、実際アベノミクスなどの日本要因だけで動いている訳ではなく、どちらかというとアメリカの影響により動いていることが多いのです。そこで、対円相場が動く要因についてどのようなものがあるのか見てみましょう。

日本経済による要因

まずはアベノミクスなどの日本経済の動向による要因です。通貨ペアの考え方として、例えばドル/円を例に挙げると、ドルと円のどちらが強いかということになります。つまり、日本経済が強く円安政策を取っている場合、円の方向に通貨ペアは動き円安になります。

アメリカ、又は世界経済による要因

実際のところ、世界のマーケットの中心はアメリカになるので、やはりアメリカ経済やアメリカマーケットによる要因が一番大きいかと思います。先程と同様ドル/円を例に挙げると、アメリカの経済が強い程ドルが買われ、それに伴い対円が安くなり、結果的にドル高円安という動きになります。実際に現在の相場はアベノミクスによって円安になったと言われていますが、本来はアメリカ経済の好調によるドル高の影響で円安になっている、と考えるのが適切だと思います。また、世界経済による要因に関しても、例えばヨーロッパ圏のニュースが出た際には、ユーロ/ドルなどのドルの動きを見て円の動きを考える方がより適切に判断出来ると思います。

そもそも日本円を買ったり売ったり、又日本株に関しても同様ですが一番売買をしているのは外国人投資家であるため、日本経済だけで判断するのではなく、アメリカを中心とした世界マーケットを意識しながらトレードしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:山本 健吾)