為替相場を左右する最近の中国経済はどうなっているのか?


最近ニュースで騒がれている中国経済の問題。以前から中国に関するニュースは尽きませんが、最近「いよいよ中国は崩壊するのではないか」という話をよく耳にします。一見為替相場に直接関係が無さそうな中国問題ですが、中国経済の悪化によるリスクオフの傾向、つまり安全な円買いの傾向が高まっています。そこで、現在の中国経済の懸念点を何点かピックアップして見てみましょう。

金融緩和が機能していない

中国は以前より政策金利の引き下げなど、金融緩和をしています。これは現在日本がアベノミクスとして行っている金融緩和と意味合いは一緒で、金利を引き下げ企業にお金を循環させ、設備投資などにあてて貰う事で景気を回復させる政策です。しかし、中国の場合、金利を引き下げても、企業自体の業績は悪化する一方であり、企業の固定資産や資金需要もますます悪化しているため設備投資などの動きが起こらない状態になっています。つまり、約1年程行っている金融緩和は機能していないことを意味しています。

過剰債務、過剰投資の恐れ

これは以前から騒がれている話ですが、資金不足にも関わらず過剰投資をしている問題です。もし仮に資金が無いにも関わらず過剰投資をしている場合、いつか財政破綻が起こる可能性が大であり、財政破綻が起こると為替相場に限らず全相場に対して混乱が起こる事は必至です。また、ブラックマネーなどの噂も囁かれており中国の資金問題は常に注視する必要があります。

上記で挙げた内容のみならず、中国に関する問題はたくさんあります。その中で、どの問題が為替相場に影響を及ぼすのか日頃から注視しておく必要があります。まずは、中国問題の中でも、中国経済の悪化により世界経済に影響を与える問題、マーケットがリスクオフになりそうな問題を特に注目しておくと良いと思います。(執筆者:山本 健吾)