強いISM指数で125円タッチのドル円はイベントドリブンのヘッジファンド仕掛けが奏功 ?


5日のNY市場はADP雇用報告の数字が予想を下回ったためドル円も一瞬124円割れをみることになりましたが、それをもとろもせずもとの水準に戻り日本時間23時の非製造業ISM指数が強い結果となったことから黒田シーリングの124.57円を軽々と突破しLONDON FIXにかけて125円レベルまで買いあがりました。さすがにこの水準には売りもあったようで滞留時間はごくわずかでしたが、その後も124円台後半で70銭レベルも割れずにNYクローズとなっています。

イベントドリブンのヘッジファンド仕掛け?

雇用統計を待たずに125円タッチをみたドル円ですが、巷の噂ではイベントドリブンのヘッジファンドがドルの買い上げを行っているようでこうした動きは雇用統計までは続きそうな気配です。確かに市場参加者が薄いこの時期は指標結果にあわせて買い上げれば流れをつくりだすことは可能といえます。

ただし、イベントドリブンファンドはかなり割り切った売買をするプレーヤーですから雇用統計発表前にちゃっかりすべて売り切って逃げることも考えられるため、個人投資家がそのまま高値のポジションをキープして雇用統計に臨むかどうかはよく考えたほうがよさそうな状況といえます。

ADPの結果が下ぶれたのが雇用統計にも反映するかどうかはわかりませんが、先ごろ発表された製造業のISMでも雇用関連は弱い数字になっていますし、そのまま雇用統計の結果を受けて126円方向に跳ねるかどうかはかなり微妙な状況です。もし結果がよくても上方向はプラス1円あるかどうかですから結果を見てから対応してもよさそうな状況といえます。(執筆者:坂本 博)