いまどきループイフダン型仕組み売買がはやるのは自動売買への失望としかけ売買の明快さ?


2007年にマネースクエアジャパンがはじめたイフダンを複数、繰り返ししかける機能のサービスは2013年ごろから急に業界内ではやり出し2014年にはサービスを提供する業者が8社近くにまで膨れ上がることとなり、ちょっとした人気サービスになっています。

これは、ややもするとシストレかと錯覚しますが、ベースにあるのは相場が上にいくか下に行くかで設定するイフダンという物理的な機能に一部の業者は様々なアルゴリズムを組み込んで繰り返し売買ができるように仕組んだものとなっているのです。こうしたサービスが流行るのにはわけがありそうです。

シストレの自動売買に対する利用者の失望が仕組み売買にシフトか?

2012年アルゴリズムによる高速取引がやたらと市場を騒がせた時に多くの個人投資家がもはや手動で裁量取引をしている時代ではないことを痛感させられ、それがシストレによる自動売買への関心を高めることとなったのは記憶に新しいところですが、実際に使ってみますとミラートレーダーのストラテジーはかなり戦跡などを公表されているにも関わらず実際に利用すると驚くほどドローダウンがでたりして、正直なところ売買ロジックがブラックボックス化していることが気になるところです。

またMT4の戦略であるEAについては有償、無償を含めて国内でまとめて配布をしてくれるサイトがない上に、金融庁がこうした商品の販売に投資助言業の資格を持たないものが関与することを違法としているため、国内でMT4を提供する業者もまともに手が出せないのが実情となっているようです。

結局2012年ごろからシストレに積極的に取り組んだトレーダーはいち早くその利用の難しさに気づかされることとなり、よりこうした仕組み売買のほうにシフトしてきている感があります。

ブラックボックス化して何が行われているかわからないのは利用者にはストレス

戦略(ストラテジー)とひとくちにいいますが、どういう相場状況にどうなるということが事前に明確に開示されていないのが自動売買の戦略のウィークポイントといえます。

またMT4のEAのソースを開けてチェックしてみますとせいぜい2つから3つ程度のテクにかつチャートのシグナルを拾って動いているものがほとんどであり、ヘッジファンドが使っているような市場の状況や指標の結果を読み込むアルゴリズムとは程遠い存在であり、どれだけバックテストを行っても大きなドローダウンを引き起こす売買戦略は利用者にとって想像以上にストレスになっているのが実情です。

イフダン機能の設定は明確で初心者も納得できる点がうけている

それにくらべてループイフダン機能は各社刈り取り方が微妙に異なりますが、何が行われているのかが明確であり、初心者でも時間をかけて理解すれば納得のいく売買手法であるところが大きな魅力といえます。

仮に負けることがあってもどうして負けたのかがはっきりしていますから納得のいくものという点もユーザーの支持を得ているポイントとなっています。

一度設定して、翌朝起きてみたら知らないうちにたんまり利益が確定されていたというような、わけもわからずに利益が出る話は情報商材の広告の世界だけに登場する、なぜか南の島を旅している嘘か本当かわからない輩のお話ぐらいで、実際には自動売買といえどもしっかりと何が行われているのか理解できるものをユーザーが求めていることがよくわかります。

長くスキャルピングを裁量でやっている存在からいいますと、こうした仕組み売買の投資助言料、つまりシステム利用料はバカ高い気がするのですが、多くの利用者はそれでもこうした仕組み売買に魅力を感じているようで、利益をしっかりあげているユーザーが多いことがなにより人気を大きく支えていることがわかります。(執筆者:坂本 博)