すっかり話題に上らなくなったギリシャはなんら改善されない状況継続



Photo Reuters
http://jp.reuters.com/article/2015/06/17/bonds-yields-breakingviews-idJPKBN0OX0BK20150617

ギリシャの証券取引所が再開され、概ね20%以上の下落を受けながらも一応は想定内ということでユーロの大きな下げは起きずに済んだ月曜日のマーケットでしたが、すっかり話題には上らなくなったものの、なんら根本的な解決がついていないまま夏休みで一息ついた状況となっています。

ギリシャ製造業PMIは見事なほどぼろぼろの状態

8月3日月曜日に発表になったギリシャの製造業PMIは30.2という最悪の数字を記録しており、いったいこの国は何でリカバリーしようとしているのか気が遠くなるような状況が続いています。もともGDPにおけるギリシャの製造業の寄与度は10%しかないので関係ないという話もありますが、それなら何がGDPを支えてくれるのか実に不安のよぎる状況が継続していることには変わりはありません。

先送りになった借金はまた膨大な額

今回の対ギリシャ金融支援の合意によれば、ギリシャは最高860億ユーロ(940億ドル)の金融支援を受けることになりますが、急進左派連合(SYRIZA)が率いる連立政権はその代わりに、さらなる緊縮を行い、付加価値税を引き上げ、規制に縛られたギリシャ経済を自由化することを約束させられています。

また、500億ユーロ(551億ドル)相当の国有財産を民営化ファンドに売却することも決められており、がんじがらめになっていることは間違いない状況です。ここのところすっかりギリシャネタで為替相場が動くことはなくなりましたが、秋口に再度同じ問題が前面に出てくるのはどうやら間違いないようです。

借金を返済できない輩にさらに金を貸してその中からIMFほかに返済させだだけの今回の措置では早晩同じ問題が繰り返されることになるのは時間の問題で、この金融支援はドイツがギリシャをEUから追い出すためにあえて仕組んだのではないかとさえ言われる状況です。(執筆者:坂本 博)