ボルカールール完全実施でじわりと変化しつつある金融市場


7月20日に中国の投資筋主導で金が大量に売られたのは記憶に新しいところですが、実は21日から米国ではボルカールールが完全適用になり、金融機関の自己売買や傘下の投資ファンドの運営などが大幅に制限されることになりました。

どうやらこの件も金の売却には影響を与えているという話も聞こえてきますが、金融市場では米社債やデリバティブ取引について中長期的に市場の流動性が低下する懸念があるとの声が出始めているのは確かです。

果たしてこの実施がどれだけ市場に影響することになるのかが注目されるところですが、確かに時を同じくしてコモディティ価格は下落を続けており、しかも米国市場ではハイイールドボンド、つまりジャンク債のボラティリティいが下がってかなり儲からなくなってきていることは間違いなく、市場に静かな変化が現れ始めています。

米銀のデリバティブ取引が減ると邦銀の米ドル調達にも影響

為替の世界にもこのボルカールールの影響がでることが心配されてはじめています。とくに国内の銀行はドル調達に米銀への依存度が高くなっていますが、その肝心のデリバティブ取引が減少することになると調達に支障がでることも危惧されはじめているのです。顧客からの依頼に基づく値付け作業、つまりマーケットメーカーディールは基本的に問題ないとされていますが、それ以外の自己売買の明確な線引きがどうなっていくのか業界ではかなり様子をみる動きになっているようです。

国内のメディアはまったく伝えませんがボルカールール後の市場の動きには当面注意が必要となりそうです。(執筆者:坂本 博)