ガンドラックは年内利上げなしと予想~新債券王の読みは的中するか?


6月末にギリシャと中国の問題を予見して米国債などを購入し1週間で大きな利益を手にしている米国の新債券王であるジェフリー・ガンドラックがまたしても米国の利上げに対して独特の予想を展開して話題になっています。

イエレンFRB議長は7月15日の米下院金融サービス委員会での議会詳言し、年内利上げに意欲的という見方からドルは全面高となっています。ただ、席上かなり微妙なことも口にしています。

「利上げにより経済がリセッションに陥ると予想される場合、利上げは行わない。われわれは、議会に委託された目標の達成に向け金利の引き上げが適切となるほどに経済が十分に力強いと見なす時に、利上げを実施する。現時点ではフェデラルファンド金利の引き上げを行う適切な時期をめぐる判断はしていない」というのはその要旨で、いまだに利上げは経済状況次第であることを強調しています。

年内利上げなしと予想するジェフリ-・ガンドラック

イエレン発言を受けてアナリスト筋では年内利上げは規定路線と扱われていますが、新債券王の異名をもつダブルラインキャピタルのジェフリー・ガンドラックはこれに異論を唱えています。これは、15日にニューヨークで開かれたCNBC主催の会議での発言で、米当局が時期尚早に利上げを開始すれば、再び引き下げを余儀なくされるであろうと指摘しています。

これまで同氏はずっと年内利上げの確率を50%以下としてきていますが、既に年内利上げはないとの見方に変わってきているようで、FOMCメンバーによるドットチャートの予測など、FRBの見通しはほとんどはずれており、経済がFRBの予想通り成長すれば年内利上げというメッセージは、単なる希望的観測であると指摘しています。

秋口までは利上げ観測でドル高が続く可能性がありますが、その後利上げ期待が剥落するとドルは一旦下落する可能性もでてきそうで、ガンドラックの発言はメディアのみならずフェデラルファンド金利先物や米国債金利にも影響を与え始めています。(執筆者:坂本 博)