ギリシャと中国、一体どちらのリスクが大きいのか?


7月に入ってからいきなりリスク全開祭りが開催中となってしまいましたが、果たしてどのリスクを重視して取引したほうがいいのかが大きな問題となりそうです。

中国リスクは各相場に売りの動きを示現

中国の上海証券市場のリスクは単にリスク回避ということだけではなく、株式の売買を止められているため、ヘッジファンドなどが中心となってコモディティや日経平均を売ることでリスクヘッジに使っているとの声が聞こえてきます。

つまり上海で売りに制限がかかればかかるほどこうした売りバイアスがかかることになるわけです。

特に日経平均に関していえばかなりの下げに対する余力がありますので、狙い撃ちで売り浴びせが継続する可能性があるといえます。すでに19250円レベルまでの下げは先物でも出始めていますので18500円が重要なポイントになると思われます。これにドル円がついていくことになれば120円割れからマイナス2~3円程度まで覚悟せざるを得ない状況といえるでしょう。

ギリシャリスクは長期戦かつギリシャの離脱が最大のポイント

ギリシャのほうはさらに話が複雑です。ギリシャ自体は神奈川県程度のサイズの国であり、その債権総額もたいしたものではありませんが、ギリシャのEUからの離脱が正式にプロセスとして認可されることになれば後続の離脱国の動きを簡単にすると見ているファンド勢は多いようで、ギリシャのあとにイギリスやフランスの離脱さえもありうるという話がでてきていますし、ギリシャが残るならドイツが離脱という物騒な極論も飛び出す始末で、こちらにもテールリスクがそれなりに付きまとっていることには注意が必要です。

こうしたリスクが錯綜する状況では、無理をして売買をしても巻き込まれるだけですので、一旦収まるまで一拍おくという冷静さも重要になりそうです

7月というのはドル円やユーロドルでは月初にさげても後半あげて終わるアノマリーがありますので、しっかりと下げたところをみはからって早回しで利益を獲得してまた参入チャンスを待つと言った姿勢が重要です。また12日にユーロ圏の山場がやってきますので、この週末は十分な注意が必要となりそうです。(執筆者:坂本 博)