FXの常識は世間の非常識 真逆の発想が勝利を呼び込む


FXでの常識は世間での非常識。
そのギャップが大きな罠の一つ。。。

こんにちは。今日もFX頑張っていますか?

FXが難しい理由は多々ありますが、FXで勝つために必要な思考は、世間で言うところの常識とかけ離れている部分があります。これが、FXを難しくしている大きな要素の一つです。

例えば、私達は生まれてから色々な考え方を常識として教えられて身につけますが、その中には代表的な所でいくと

・頑張る
・諦めずに努力する
・負けるよりも勝つほうがいい。
・頑張れば必ず結果につながる。
・チャンスは逃さずにものにする。

などがあります。

これらは全部FXで勝つためには間違った考え方です。むしろ、真逆のケースが多いのです。

・頑張る→FXでは頑張ってはダメです。
・諦めずに努力もダメです。痛みに耐えずに早く諦めて損切る事が必要です。
・負けるよりも勝つほうがいいわけではありません。
・勝ちだけではなく正しく負けることがFXでは重要です。

頑張れば必ず結果につながるとは限りません。何が起きるかわからない市場では、常に想定外のことが起きます。チャンスは逃さずにものにしなくてもいいです。むしろ多くのチャンスを逃すことが重要です。というのは、本当に勝率が高い場面だけトレードするということは、勝率60%とかの一見チャンスに見える部分を捨てるという考え方と行動とその勇気が必要です。

というように、本当に罠ではないかと思うほどに真逆になっているのです。故にFXで勝つために必要な正しい行動を私達はなかなかとれないのです。

今日のまとめは、FXでの常識は世間での非常識。自分が教えられてきた考え方とFXで勝つために必要な考え方は真逆なケースが多い!!

ということをよく理解、認識して、日々のFXに挑んで下さい。無理はしない。安全第一。生き残ることがまず重要です。(執筆者:凪石 剛)