6月後半からの米国債券王の動きの変化に大注目~果たして市場に激変があるのか?


ギリシャの債務問題に気をとられているうちに米国の直轄領であるプエルトリコではデフォルト騒ぎがおこり、そのあおりを食ってハイイールドボンドが破綻寸前という冷や汗ものの状況となりました。

さらに7月後半はウクライナのデフォルトが予想されており、なにより中国上海の株式市場がここ3週間で29%も下落するというこれまでになかったようなリスクが次々示現する金融市場となっており今年後半はこれまでとは異なる市場の動きが起きるのではないかとの危惧が高まりつつあります。そんな中で米国の債券王として市場で非常に大きな影響力をもった二人の予想と行動に俄然注目が集まっているのです

6月26日に米国債を大量購入した新債券王ジェフリーガンドラック


≪ジェフリーガンドラック氏 画像元:http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NN2ZHY6JIJUQ01.html≫

ロイターが報じたところによりますと、 米ダブルライン・キャピタルでビル・グロースを抜いて新債券王と呼ばれるようになったジェフリー・ガンドラック氏が6月29日、ギリシャとプエルトリコの債務危機に関する新たな動向を見越し、前週末26日に大量の米国債と連邦政府抵当金庫(ジニーメイ)のモーゲージ担保証券(MBS)を購入したことを明らかにしています。

同氏は、仮に利回りの上昇が加速したとしても、高利回りのジャンク債(投機的等級債)や新興国の債券は米国債のパフォーマンスを下回るため、米国債やジニーメイのMBS投資を行ったと説明しており、当然のことながら米債券は大幅高となり、金利は低下することとなりました。5月末にPIMCOが手持ちの米国10年債の7割弱をさっさと売却してことが話題になりましたが、今回まったく逆方向の動きをガンドラック氏が仕掛けたことに市場は驚きを隠せない状況です。

ビル・グロースも中国バブルを指摘

dfsa

≪ビル・グロース氏 画像元:http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0KE1NW20150105≫

昨年古巣のPIMCOを追い出される形でジャナスキャピタルグループに移籍した債券のカリスマ、ビル・グロースも4月にドイツ国債の急落を予想して的中させて話題になっていますが、その後6月3日には「独長期債は人生最大の売りの好機」のその後。予想通り実現した。次は中国深セン指数だ。でも、まだだけどね・・・とツイッター上で発言し、中国の個人投資家が相場をなめてしまっていることに警鐘を鳴らしていますが、その直後から上海市場が暴落をはじめており、こちらもかなり話題になっています。

為替相場は部分的には個別の市場で株価との連動性があるようにも見られますが、本質的なマクロの動きとしては債券の動きに大きく影響を受けるようになっており、そのビジネスの真っ只中にある債券王の口からこれまでと異なる流れや売買方針が打ち出されていることは非常に注目される状況と言えそうです。何が起ころうとしているのかわかりませんが、一旦こうしたメインプレーヤーが市場から撤退し、流れの変化を見極めようとしているところがなんとも気になるところです。 (執筆者:坂本 博)