[ドル円]日本勢の逆張りと海外投機筋の円売りがガチンコ対決状態?


ドル円は121.50円に大量にあったとされる個人投資家の売りが完全に踏み上げられて、逆にそれが124円台に上昇するいい燃料にされたようです。

また122円に入ってからおもむろに買いについていく逆指値もかなり大量にセットされていたことから122円台と123円台はあっという間に飛び越えた感があります。実際素通りしたというのが正しい言い方でしょう。

「FX本陣」ではテクニカルかファンダメンタルズかという興味深いテーマも掲載されていますが、ロンドン、NYのアニマル・インターバンク勢は値ごろ感や心理的節目よりも、買いが入ればどんどん順張りで後追いをするのが特徴ですからここで125円がつけば一息になるかどうかはわからない状態です。テクニカルがほとんど機能しない状況といえますね。

逆指値がひとつの有益なツール

押し目買いに押し目なしといいますが、6月1日の相場でも1日を通してNYタイム序盤の124円割れ、123.80円台がもっとも安かっただけで123.50円あたりに指値していてもまったくつかないのが実情となってきています。

理由はともあれ下がったらいったん買って、タイトストップロスを入れ、さらに大きく下がってしまったら再度買い場探しをする勇敢さをもたないとドル円の上昇のご相伴には預かれなくなってきています。

もうひとつは新値がつくエリア、たとえば6月1日でいうと124.50円のストップロスがあったとされるところに逆指値を入れて買いあがる相場についていくというのもひとつの方法となります。もちろんこちらはそれ以上あがらない可能性もあるので逆指値がついたあとに同値撤退のストップロスを再度設定しておくことも忘れてはなりません。

5日の雇用統計前に125円抜けか?

すでに124.90円台までつけたドル円ですから125円は目と鼻の先です。どうも印象として125円台につけるときにポジションをもっているのがとても儲かった気になるのですが、数十銭のためにそこまでやるかという判断も重要かと思います。

ただ125円をつけるとオーバーシュート気味に126~128円方向に飛び上がる可能性がでてきていることは事実で、しかもそれが雇用統計の数字を見る前にある程度示現してしまう可能性がでてきているのです。

まあタラレバもいいところですが、この雰囲気に乗ってみるかどうかはトレーダーの判断次第ということになります。

またECB理事会、ギリシャの債務返済問題もおまけのネタとして動いていますので、こうした追加ネタがドル円をさらに加速させる可能性もあります。もちろん逆さまに働く可能性もあるので、今週は実に難しい一週間といえそうです。

市場は参加者みんながどうなるのかハラハラ・ドキドキしているはずですが、思い込みはもってのほかとはいうものの、いくつかのストーリーを設定してそのどれが動きそうなのかを見極めながら仕組んでみるというのも面白いやり方といえます。

あとはどこまで損しても耐え切れるかによって、その取り組み方は異なります。まさにIt’s up to You!の世界に入ってきているのが今週のドル円相場といえそうです。(執筆者:坂本 博)