株と為替のタイムラグを利用して儲けよう!


株と為替は基本的には連動しています。なぜならば市場は「リスクオン」、「リスクオフ」のムードを最も重要な材料として扱うからです。

よほど政策によって歪みが生じてでもいなければ、大抵の場合、株が上がれば資源国通貨>ドル>円、下がれば資源国通貨<ドル<円の順番で強くなります。

しかし、幸せか不幸か、チャートをリアルタイムで眺めていると、株がガンガン下がっているのに、下がるはずの通貨が全く下がらない…もしくは下がりが鈍い…というケースに直面します(逆もあります)。

この場合、まずやるべきことは売り(逆の場合は買い)です。

こういう場合は、積極的に買われているのではなく、下値に置かれている分厚い買いオーダーに支えられているだけだからです。株の板がスカスカになっていても、為替が常に株と同じボリュームでオーダーがセットされているとは限りません。その時こそがチャンスです

ドリルで掘削され続けると穴がいずれ開くように、安値(上値)トライをジワジワやっているときは、ほぼ確実と言ってもいいほどに底抜け(天井突破)します。

さて、これを実践する上で気になるのが、近日市場をにぎわせている中国株安です。

上海株は本日(6/26)に至っては7.4%も暴落し、2週間で19%も下げることとなりました。これがバブル崩壊かどうかは分かりませんが、日本に波及しないわけがありません。本格的に市場へバブル崩壊ムードが蔓延しだすこととなれば、まず株安が起こります。となれば、日米金融政策の違いから上値目線のドル円も、株に引っ張られるシーンが出てくるかも知れませんね。(執筆者:大島 正宏)