ついに1ドル124円! だがあえてショートポジションを


長いレンジをついにブレイクしたドル円ですが、ひとまずの目標と言われていた124.14も一瞬でクリアし、124.46まで上昇するという勢いを見せました。

しばらく全く止まりそうな気配のない円安ムード一辺倒ですが、しかし、ここまで来たからこそもう一度ショートポジションというのも面白いかも知れません

以前もお伝えしましたが、120円台より上の域というのは、いわば成層圏を超え、大気圏に突入しかかっているようなレベルです。

1ドル130円になる可能性もなきにしもあらずですが、リーマンショック前の水準にまで完全回復したどころか、当時のピークレベルにまで来てしまった以上、ここから先は1円上がるごろに大騒ぎとなるはずです。

事実、124円にまで達した時の政界や経済界のコメントの求められ方は半端ではありませんでした。

これってどこかで見たような光景ではありませんか?

そう、1ドル70円台時代とちょうど同じです。甘利氏が「円安というよりドル高」という発言をしましたが、一面では確かだといえ、やはり円インデックス(ソース:
http://rightsideofthechart.com/global-currencies-gold-commentary/xjy-yen-weekly-oct-3rd/)をみてみると、急速に円の価値が毀損し、ボトムラインに近づいていることは明らかです。

となれば、やはりショートポジションを作ってみるのは案外損ではないと言えます。

もちろん短期的には130円に到達したりする可能性は否定できません。しかし、無情に130円になる確率よりも、ここまで来たらどこかで牽制が入って118円にまで落ちる可能性の方が高いと思いませんか?

FXは確率で戦うゲームです。どうせ上値が限られているのなら、130円まで耐えられるようなポジションをショートメイクしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:大島 正宏)