テーパータントラム再来を心配するIMFラガルド専務理事とFRBイエレン議長


5月6日にIMF本部で行われたラガルド専務理事とFRBイエレン議長の対談の席上、イエレン議長が米株式市場について「かなり高い水準だ」と述べ、潜在的に急落する危険性があるとの認識を示したことが様々な憶測を呼ぶことになっていますが、ここへ来てメディアで言われだしているのがテーパータントラウム再来の危機です。


≪ラガルド専務理事とFRBイエレン議長の対談 画像元:産経ニュース www.sankei.com≫

テーパータントラムとは?

2013年、バーナンキ議長時代にQEを終了する旨を発表したとたんに新興国から資金の大幅な巻き戻しが起き、深刻な事態に陥ったことは記憶に新しいものですが、これがテーパータントラムと呼ばれるもので、タントラムは癇癪といった意味の英語です。

イエレン議長は同対談の席上、株価とともに債券のリターンも非常に低く、ここに危険性が潜んでいる可能性があるとも指摘をしています。

初回利上げを景気に債券利回りが急激に上昇するかもしれないことを示唆しているのです。これがまさに2013年の5月のテーパータントラムでも実際に起きていますし、日本で言えば、株価は同年5月23日に1143円下落するおととなり、当然ドル円も大幅下落を示現することとなっています。

もともとはラガルド専務理事が指摘していた内容

このテーパータントラムの再来はラガルド専務理事が再三指摘してきたことですが、FRBは米国の金融政策だけに責任をもつ立場であるため、長らくこうした指摘は無視されてきましたし、実際米国の利益だけをめぐってテーパリングも実施されてきたのです。

それが今回イエレンFRB議長の口からも発せられたところに大きな意味があるといえます。利上げが近くなければあえてこうした発言がでるはずもなく、予想以上に利上げが近いのかという憶測につながっています。

またあえてこうしたリスクを指摘しているということは、在勤の状況に見られるように国債の利周りがさら急上昇する可能性を示唆しているのではないかとも見られ、注目されます。果たして今週20日朝3時に発表になるFOMC議事録でこうした発言とつながる内容が登場してくるのかどうかに注目が集まります。(執筆者:坂本 博)