大災害とFX~やはり多くの口座を持ちましょう


何か、箱根地区で入山規制が厳しくなったりしているようですね。大涌谷などでは、ガスが吹いている映像が流れています。やはり災害というのはいつ来るかわからないので大変怖いですね。

私がFXを始めてからの日本の大災害といえば、先の東日本大震災だけなのですが、東北という事もあったのか、全くサーバーに影響がでなかったことを覚えています。

しかし、残念ながら富士山が吹いたり、関東で大震災が起こったりするとやはりサーバーに何かしら影響がでると予想されます。そんな中でも、海外勢は遠慮なく売り買いを行います。

まずは、命や安全対策が先です。それをやっていることを前提なのですが、やはりそのようなサーバーダウンに供えて、2社、3社と取引できる会社を作っていくことをお勧めします。

また、1口座に大目に入れるのは結構なのですが、全額を入れていると出金停止措置などがその会社で行われた場合、生活資金すら引き出せないようになると大変困ると思います。世間では、「分散投資」と言われますが、それ以上に「口座分散」と言う事を意識すべきです。

今後30年以内に震度6弱の揺れに見舞われる可能性が東京は100パーセントです。口座は多く持って、1口座に全額を預けない。これを徹底しましょう。(執筆者:登 泰平)