欧州発のグローバルアンワインド市場に要注意


欧州の株式市場と債券市場に大きな変化が出始めています。もともとQEの賞味期限はいいところ3か月で長く続いて6か月を言われ、日本のBOJのQEなどは完全にその効果が剥落してしまっていますが、どうやらECBのQEにもその時期が訪れかかっているようです。

急変する欧州の株式と債券市場

欧州株はここのところ大相場を継続させてきましたが、ドイツのDAX指数は昨年10月16日からなんと+48.3%の上昇を記録したあとに4月末からリカクの売りに押されるようになり既に4月10日の高値からは8%近い下落となっています。

この動きはフランス、イタリアも同様で株価上昇に完全にブレーキがかかり始めています。この動きと連動して債券金利は猛烈に上昇しはじめており、流れが変わり始めたことを示唆しています。とはいえ、金利自体はまだまだ日本の10年債のレベルと同様ですから凄い状況ではないのですが、とにかく流れが変わり始めていることは間違いないようです。

金融関係の要人の発言もこれを加速

新債券王の異名をとるダブルライン・キャピタルのお馴染み・ガンドラックCEOはドイツ2年国債を100倍のレバレッジをかけて空売りすればリターンは20%と発言しているし、元PIMCOのビル・グロスは

『German 10yr Bunds = The short of a lifetime. ドイツ国債は、生涯最大の売り場』

とツイッターにつぶやいて、その後市場がぐんぐん値を下げている状況です。

米国GDPやFOMCが日経平均の下落原因ではない

流れとしてはドイツのCPI上昇からユーロ圏のデフレリスクが逓減し、ガンドラックをはじめとする金融関係者の売り推奨もあって大規模なまきもどしが始まり、独金利急騰、日欧株安、ユーロ買戻しで日本株もアンワインドが正しいメカニズムとなっていることは間違いないようです。

5月は例年荒れ相場ですが、今年も調整は免れないようで、ユーロの巻き戻しを為替相場の視点だけで一過性を見ていると大きな怪我をすることになるかも知れませんね。(執筆者:坂本 博)