日銀の追加緩和はあるのか?


4月当初に日銀の追加緩和が見送られた際には、「4月30日にはあるだろう」という噂で持ち切りでした。しかし、その見方もどうやら怪しくなってきています。

黒田総裁が「サプライズは考えていない」、浜田教授が「125円、130円の円安になると思わない方がいい」、そして24日に関係筋から発表された「日銀は出口戦略を考え始めている」など、発言だけをピックアップしてみても、どう考えてもこれ以上の追加緩和は望めない雰囲気が漂っています

その一方で、米国の大手銀行が出した金融緩和レポートで買い上げられるシーンや、自民党の一部議員から「追加緩和しないなど有り得ない」などという声もありましたが、議員の恫喝で追加緩和するのであれば、前任者の白河総裁の時などもっとガンガン緩和してくれていたわけで…。どうにも緩和期待側にとってはパンチに欠ける印象です。

ドル円は心肺停止中。これまで何度もお伝えしたように米国の指標が芳しくなく、かといって下を掘り下げる威力もなく、ひたすらドルストレート頼みの状態が続いています。

ドルストレートに一旦は反発の余地があると考えられるだけに、そろそろヘッジファンドの換金売り(SELL IN MAY)に併せて何らかの下方向へのアクションがあってもおかしくないのですが…。ひとまず、来週のFOMCと日銀会合がトリガーとなることを願うしかなさそうです。(執筆者:大島 正宏)