両建て投資法はどちらに動いても対応できる投資法


雨のおかげでじめじめし、湿気のせいで過ごしにくい今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

さて今回は、両建てについて書きたいと思います。両建てという投資方法は私はあまり取りませんが、結構良い手法だと思います。

スプレッド分損じゃないかと思ったあなたは偉いです。私もそう思います。しかしですね、為替相場というのは、上に行ったり、下に行ったりとふわふわしていますね。

例えばドル円を120円で両建てをS,L共に1万通貨ずつ両建てします。(スプレッドは計算にいれません。)119円まで円高が進みました。Sポジションは、1万円の利益ですね。他方Lポジションの方は、1万円の損失が出ています。

そこで、この両建て投資法はSホジションを決済します。利益確定が1万円と、1万円の損失が出ているポジションが残ります。この場合、120円に戻る確率が高いか、118円に行く可能性が高いかはその都度違います。

しかし、為替相場って下がったら上がる。上がったら下がるの繰り返しをしているので、120円側に戻る方に賭けるのがこの両建て投資法です。119円10銭まで戻れば、両ポジション合計で1000円の利益、120円まで戻ればLポジションの損益が0円になり、119円で決済したSポジションの1万円が儲けになるになるのがこの両建て投資法です。

どうですか。120円に戻っただけで利益が1万円。じゃあ、最初から2万通貨Sポジションを取れよという話になりますが、それは結果論です。最初の両建て段階でどちらに動いても対応できるのがこの両建て投資法ですから、ナンピンなどと組み合わせるといい手法になるので検討してみてください。(執筆者:登 泰平)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!