いよいよデフォルトの準備? ギリシャの債務返済断末魔


 15日、久々にギリシャ問題でECB会合の前にユーロが下げることとなりました。英国FT・フィナンシャルタイムズ紙がギリシャはデフォルトの準備をしているという報道をしたのに加えて、米国でオバマ大統領と面会予定のバルファキス蔵相が前回のヘアカット時に関与した弁護士と面会するという情報が流れたのがその発端となっていますが、4月末にデフォルトするかどうかは別としてとにかく債務返済のスケジュールはこの夏まで目白押しの状態です。

 この一覧はWSJの報道を元に8月末までの債務支払いのスケジュールを書き出して見たものですが、とにかくご覧のとおりで、ひとつ支払えばまた次の支払い債務の期日がやってくるという、典型的な借金地獄・火の車を国のレベルで演じているのが今のギリシャの状況で常にクリティカルポイントがやってくることがわかります。

政府発行の短期債で当座をしのぐ情態

 現状でははっきりいくらお金があるのかも良くわかっていないのようですが、とにかく短期の債券を政府が発行しては国内の銀行に買わせ、そこにECBが資金を投入するという形で資金調達をなんとかしているのが実情であり、償還日が来るたびにまた新たな債券を発行しECBが我慢して資金を出しているからデフォルトになっていないというのが実情です。

まったく税金を払わないギリシャ国民

 一方歳入面ではそもそも緊縮財政を行わないと宣言して当選したチプラス政権の様子をみるためにかなりの国民が税金をあえて滞納している状況で、これでは財政が改善する見込みはないのが実情となっています。

再度選挙実施も

 問題はできもしない脱緊縮財政で当選した今の政権が国民に公約を守るためにECB,IMFと対立せざるを得ない状況があるところで、実は緊縮財政策をとればIMFからの追加融資も実行の予定があったのです。したがって再度選挙をして国民に信を問うこともありえそうな状況ですが、金がないのにまた選挙するのか?というかなりパラドキシカルな状況に陥っていることは確かなようです。

デフォルト=Grexitではない

 ひとつ注意をしておかなくてはならないのはデフォルトだからユーロ離脱ではないということです。一定の債権放棄のあともさらにギリシャがユーロ圏に残るという選択肢も残されてはいるのです。デフォルトというと国のおしまいのように思われますが、対外債務を支払わないだけのことで、ロシアもデフォルトしていますし、常習犯はアルゼンチンで、実は日本も戦争に負けた時点でデフォルトになっているのです。

土壇場にくるとユーロが反応

 ここのところ株式市場もまったくギリシャの状況については気にしていませんでしたが、いよいよデフォルトかという話になると少なくとも為替は反応するようで、前述の債務返済スケジュールのどこでギブアップが起きるのかはよくわかりませんが、デフォルトの文字がタイムラインに躍った段階でアルゴが一気にユーロを売り込むことになるのは間違いないようで、その後の買い戻しのタイミングを含めてロングのポジションを持つときにはここ数ヶ月かなり気をつける必要がありそうな状況となってきています。 (執筆者:坂本 博)