株トレーダーはなぜ沢山のPCモニターを使うのか? FXのみの場合は2枚で充分


 たまに、テレビなどで株のトレーダーやFXトレーダーなどが特集され、PCモニターが多数並んでいる絵がとられていますよね。

 株の場合は、まあ意味がわかりますがFXの場合は多くて2枚で充分だと思います。

 株のトレードの場合は、FXと違って成り行き注文も多々ありますが、ほとんど指値注文がおおいので、例えば1000円の所で何株売られていて、1010円の所では何株売られているなど気配値と呼ばれる板情報を見ないといけないので、多くの銘柄を取引している人なら、モニターが数枚並ぶ事も理解できます。

 しかし、FXの場合は、そこまでモニター必要ないと思いますよ。テレビなどもPCで見ている人いるかもわかりませんが、FXだけしかしていないのに、4枚も5枚もモニターを「飾っている」人いたらそれは多分、「形から入る」人だと思いますよ。友人・知人などでFXしかしないのにモニターを数枚「飾っている」人がいたら理由を尋ねてみてくださいね。ドキッとされる事間違いないと思いますよ。

 FXの場合は2枚で充分です。1枚を為替の変動を表示する専用のモニターにして、もう1枚は、注文をクリックする専用のモニターにしたらいいと思います。また、1つの回線だけ使用の人いますが、E●光などは、よく回線ダウンしますので、スマホの回線でも注文できるようにもう一1の回線確保する事がモニターより必要だと思います。(執筆者:登 泰平)