豪ドルの仕込みチャンス? スワップもゲット


 先週の金曜日に発表された雇用統計の結果で、大幅に下振れを起こしたドル円ですが、歴史的ドル高からの反動で、一時的にせよ、ドルストレートをメインに、ドル安の流れが進行することになりそうです。となると、豪ドルの仕込みには絶好のチャンスが到来するのではないでしょうか。

 豪ドルは、オーストラリア自身の利下げと、アメリカ経済の活性化に伴う早期利上げ期待からのドル高で、「凄まじい」と形容しても過言ではない豪ドル安に陥ってきました。

 しかし、アメリカで利上げ期待が遠ざかり、コンセンサスであった9月の利上げから、「年末かもという声もチラホラ聞こえ始めるため、今回の「事件」を機とみた大口プレイヤーが、短期的にショートカバーをあぶり出すため、買いを続けるように思います。

 もとより豪ドルは「スワップで暮らせる」と言われるほどの高スワップ通貨。うまくハマれば決して元本割れせずに一生スワップだけで利益を得ることも可能です。今回は長期トレンドとしては、ドル高が続くであろうため、短期売買で終わることになるのは否めませんが、1ー2週間のスパンをめどに購入するだけでもスワップはそれなりにもらえると思います。(執筆者:大島 正宏)