FXで五分五分の勝利に持っていく究極の方法


 株もFXもそうですが、私は熱くなった時点で負けは確定していると思っています。特に最近の日経平均のような、数百円落ちたかと思いきや、今度は何かをキッカケにV字回復し、その後また奈落の底へ落ちていく…といった相場はFXでもよくあります。かといって、「しっかりと見極めてエントリーしましょう」と言われても難しいもの。そもそもしっかりと見極めることが出来るのならば、誰だって大金持ちになれます。株やFXで勝つ上で本当に重要なことは、むしろ自分自身が見極める能力が無いのを知ることです。

 ところで、「睡眠投資法」、「入浴投資法」という言葉があります。これらは、睡眠したり風呂に入ったりと相場を仕方なく離れている間に値が戻っていた、儲かっていたという状態を皮肉ったものです。実際やってみると分かりますが、本当に下手に張り付いているよりも儲かります(笑)。

 こういった格言が成り立つ状況というのは、一方で、我々の殆どが普段いかに利小損大で決済しているかを表してもいます。実際に1回のエントリーでは決済しない限り、確率で見れば、勝つか負けるかは常に50%なのです。

 というわけで、「明らかに50%以上負けているな…」、「熱くなって冷静さを見失っているな」という人に、私はポジションの完全放置をオススメしています。チャートを日足レベルで眺めてみれば分りますが、意外とFXって一方方向に動き続けている時間は少ないものです。助からないポジションになるようなことって殆どありません。

 また、放置が怖いという人は、いっそのこと資金を一旦引き上げてみることもオススメです。資金を証券会社から出金依頼すると、最低でも1-2営業日はエントリー出来ない日が続きますね。その間に落ち着きを取り戻して状況が冷静に判断できるようになるものです。(執筆者:大島 正宏)