日経平均はどこまでいくのか? 株高の真の原因とは


 ドル円が120円を挟んで上下を続けている間、日経平均は今日も194円の上昇を示現しました。これで10営業日足らずで1000円近くの上昇を描いていることとなり、どこまで上り続けるのか、というのが市場プレイヤーの関心の的でもあります。しかし、ひとまず20000円という節目をアタックすることは間違いないでしょうが、その後もはたして無限の上昇を続けるかと言われれば疑問の余地があります

 市場関係者や専門家が日経平均がこれだけ買われている原因を探っています。GDPデフレータの数値が改善しただとか、ダウが上がりすぎていたので日経平均は割安だったとかならまだしも、円安が主だった企業の円建て連結決算を見せかけて膨らませているので株が買われているなどと言った訳知り顔の自称専門家まで某雑誌で散見される始末です。しかし、私はこの株高の原因は非常にシンプルなものだと思っています。それは「ノリ」です。

 もはや、以前のようにファンダメンタルや指標で株が動く時代は過ぎ去りました。アメリカの株価を思い出してもらえれば分かりますが、リーマンショックからの停滞後、いくら指標や決算が悪くともダウはつい最近まで延々と買われ続けていました。もちろん、金融緩和で株高へ持っていこうとする動きが背景にはありましたが、基本は買いが買いを呼ぶものです。大量の資金を有するパワープレイヤーが先鞭をつけ、普段は株について興味もない市井の人間までが株について話し始めたところが終わりです。日本株は現在、パワープレイヤーも市井の人間も総買いに回っていますが、前者が今後も同じノリを続ける根拠はどこにもありません。

 数年前、ドル円が80円から95円ほどになる過程、つまり最初にアベノミクスが叫ばれ始めたころ、日経平均が突然1000円の暴落を起こすという事件がありました。しかし、これは1週間ほど前から予兆が出ていたのです。個別株のほとんどが売られていたのにもかかわらず、日経平均寄与度の高いソフトバンクやファーストリテイリングなどの株がこれらパワープレイヤーによって強引に買い支えられていたため、見かけ上は日経平均が上がり続けているように見える、といったことが問題視されていたのです。彼らは強引に買い支える一方で、日経平均の先物の売りポジションを大量に構築し、準備が整ってから、上に上げたような寄与度の高い現物株の買いを外す、という行為に出ました。それが1000円暴落の顛末です。

 今回も同じような事件が起こるのではないか、同じような予兆が出るのではないか? と私は睨んでいます。儲けるのはパワープレイヤー、割を食うのは末端の個人投資家、という構図はFX同様に株でも同じだからです。もちろん株が大きく暴落を起こすようなことになれば、ドル円もリスクオフムード一色となり、一時的に大きく円高へ振れるかも知れません。そういった意味でも株の普段と違うような細かい動きには、注意したいものですね。(執筆者:大島 正宏)