2016年有給休暇義務化で朝から1日中FXを楽しめる?~朝は動きがない


 最近新聞を読んでいると、有給休暇の義務化が法案化され通りそうな見通しだそうです。

 よく、専業の人からは有給休暇が義務化された場合、朝からできていいなという声を聞きますが、ほとんどの専業の人は午前中は暇してますし、午後もロンドンまで暇です

 事実、3月16日のオセアニアから午後3時まで、ドル円は値幅が30銭しかありませんでした。ユロ円も30銭しか動いていません、こんな市場ですが念のため監視しとかないといけません。動くものといえば、やはり月曜の朝の窓が大きく開いた時、日銀の短観や日銀の政策決定会合ぐらいで大きく動くことはありません。

 このように大きく動かない市場を「ぼー」っと監視して日本時間は終わっていきます。私は3月16日日本時間は、1回もポジションを持たずに終了しました。時給0、給料0、電気代100円ぐらい損しましたね。こんな感じですからうらやましくもなんともないんですよ。

 有給休暇が義務化された場合、朝から晩まで取引できるから最高だと思っている人いらっしゃいましたら、それは残念ながら違います。「ぼー」っとして日本時間終わります。ほとんどの専業の方はやはり、午前中は寝てる人多いです。やはり動きが活発なロンドン、ニューヨークにしっかりと起きている人が多いみたいですね。

 有給休暇義務化良い事だとおもいますが、FXを1日中楽しむというのは、幻想ですね。(執筆者:登 泰平)